交渉

作業着の男性

貸しテナントを契約する際に家賃の値引きなどの交渉をする事はできるのでしょうか。賃貸物件であれば不動産業者が忙しくない時期に契約をしたりすると家賃の値引きをしてもらえる事もあるのですが、賃貸物件の場合は暇な時期や契約希望者が来なくなってしまう月がありません。そのため実際には値引き交渉を行っても上手くいかない事が多いです。そのような事があるので値引きを交渉する際にはあまり期待をしない状態で行わなくてはなりません。しかし値引きをしてもらう事が全くできないと言う訳ではないので上手く交渉する事ができれば値引きを行ってくれる事もあると言う事になります。また交渉する際には不動産に建物の大家さんを紹介してもらうと良いでしょう。

大家さんに直接テナントの交渉をする機会があれば家賃を下げてもらう可能性もあります。アパートなどの賃貸物件とは違い商業目的のテナントには家賃に消費税が発生してしまいます。この消費税の分を値下げしてくれるだけでも年間でかなりの金額になるのではないかと思いますし、経費がかなり浮くのも事実ですので、値下げ交渉をしても上手くいかなかった際には、消費税の分安くしてくれる事はないのかなどの交渉を行ってみると良いと思います。このような交渉を行って得をしている方も非常にたくさんいるので、行ってみても良い方法になると思います。テナントの敷金礼金は交渉を行っても下げてくれる場合はほとんどないので、諦めて最初から交渉を行わない方が良いのではないかと思います。