工夫すること

作業着の男性

マンション査定を依頼する場合は、インテリアや片付けの仕方を工夫するだけで査定額をアップさせることができる傾向にあります。 例えば、部屋の面積を実際の数字よりもより大きく見せるためにはインテリアが大きく関わっています。間接照明の使い方やソファの色や位置、ベッドの高さなどによっても目で見たときの広さの感覚が違います。なるべくインテリアは低くしておくことで実際よりも広く感じることができるためおすすめです。 また、生活をしているとどうしても生活感のあるものが溢れてきてしまいます。これらが溢れていることでどうしても部屋が詰まった印象になってしまうのでマンション査定を考えている人は徐々に生活感のあるものを減らしていくと良いでしょう。

マンション査定で最も重視されるのはその部屋の間取りや広さ、築年数といったものです。綺麗に使っていればそれだけ査定額が高くなる傾向にありますし、古くてもきちんとメンテナンスを行っていればそれも査定に反映されます。 しかし、最近はその部屋の状態だけでなく周囲の環境も査定額へ反映される傾向が強くなっています。子育て世代に合った間取りの場合は近くに遊べる大きい公園や学校、保育施設などがあることで査定額がアップする傾向にあります。ランニングコースが近くにあったり、マンション内にトレーニングルームやジムがある場合も健康思考ブームを受けて査定額がアップする傾向にあります。 このように、最近ではその部屋だけでなく周囲環境も査定に影響するようになっているのでマンション査定へ出す際には周囲環境の魅力もアピールできるようにしておきましょう。